希望の大地 アフリカ

日本から遠く離れるアフリカ大陸は面積でいえばアジアに次ぐ世界第二の大陸なのですが、熱帯雨林や砂漠があるとても自然が豊かな大陸でもあります。 しかし単にに観光として訪れるだけでなく、ビジネスとしてアフリカの地を考えた場合一体どんな可能性があるのか考えてみるのも面白いものです。

アフリカが持つ可能性としては、インフラの整備が進んで行く上で一般の人値の生活水準が向上し、生活必需品や日用品をはじめとした様々なものが市場で売られるようになって来ました。 これらの商品を作る工場だけでなく、商品を販売する商店など多くのビジネスチャンスが生まれていますが、海外からこれ以外にも注目を集めているのが、アフリカの大地に眠る地下資源です。

未開の大地が広がるアフリカ大陸ですが、石油はじめとした地下資源の高騰により今までコスト面で採算が合わないために発掘することができなかった地下資源も採算面で釣り合いが取れるようになり、今後深海の油田や大地に眠る貴重なレアアースと言ったものの発掘が多く行われます。 しかしもう一つこの地で忘れてはいけないのが、アフリカ大陸には非常の多くの国があり国の間同士の争いだけでなく、民族間の紛争が絶えなかったという歴史があります。

しかし最近では経済の発展に伴いこう言った民族紛争は影を潜め、治安も安定するようになってきました。 特に日本だけでなく世界各国からの経済援助も多く受けていますので、少しずつですが基本的なインフラの整備が整うことにより、人々の生活が向上して行きますが、今でも風土病などの問題を抱える地域も少なくなくWHOをはじめとした国際的な医療支援機関の協力を受ける必要があります。

過去にヨーロッパの国々に植民地化されている国も少なくなく、まだ人々の心の中にはその当時の思いを持っている人も多いので、どちらかというと欧米人に対しては複雑な感情を持っている人も少なくありません。 しかしアジアの国々はそう言った感情を持たれてはいない為に、中立的というよりとても好意的に見てくれる人たちが多いです。

日本をはじめとした世界各国からの投資が今後も続くであろうアフリカですが、それらの投資によりさらに雇用が促進されることで経済が発展して行くことは容易に想像ができます。 経済の発展と共に治安が安定し医療設備などが充実して行くこともこれからの課題ですが、より多くの可能性を秘めているアフリカですが正に希望の大地と言うにふさわしい場所です。

更新情報・お知らせ